1月の練習

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

独立してから、そろそろ2年。会員様、保護者の皆様に支えられて、今まで頑張ってこられました。これからも指導を充実させ、皆さんのレベルアップを目指したいと思います。

1月の練習について

基本のチェック

審査が近いので、基本のチェックを行います。スピードアップ&パワーアップを目標とします。

みなさん基本の形はできてきているので、自信をもって頑張ってください

足の使い方

昨年末より基本のパンチコンビネーションの練習をしていますが、これはパンチとともに足、ヒザの使い方の練習にもなっています。手と足をうまく連動させるよう、ゆっくりでいいから練習しましょう

足、特にヒザの使い方を憶えれば基本のキレもよくなります。頑張ってください。

※ 基本のパンチコンビネーション 

  左ストレート→右ストレート→左フック→右フック (左右逆も行う)

壁を持っての蹴りの練習も行います。これは軸足の回し方を意識してもらいます。

上の帯の皆さんには蹴りの時の手の振り方を練習してもらいます。手を振ることによって蹴りに勢いがつき、足を高く上げることもできます。後ろ回し蹴りの際にも体の回転を鋭くすることができます

受けの練習

昨年末も少しやりましたが、受けのコンビネーションを練習します。組手の構えでの受けが全部入っています。まずは形を憶えるだけでいいので頑張ってください。

※ 受けのコンビネーション

  外受け→下段払い→左上段受け→右上段受け→左へのヒザブロック→右へのヒザブロック

  (上級者はヒザブロックの後にストッピングを加える)

コンビネーション

基本のコンビネーションにポジショニングを加えて練習します。

  • ①のポジショニング→左パンチ→右パンチ→右回し蹴り
  • ②のポジショニング→右パンチ→左パンチ→左回し蹴り

左の前蹴りを①のポジショニングの最初のステップに、右の前蹴りを②のポジショニングの最初のステップに替えています。最初はゆっくりでいいので、スムーズに行えるように頑張ってください。

二人一組の練習

今までは、外受け、下段払いから相手の手→頭を押さえてヒザ蹴りの練習を行っていました。

その始めの受けをヒザブロックに替えて練習します。想定は相手がローキックを蹴ってきた場合です。

  • 右ローに対し ヒザブロック→左手で相手の手、右手で頭を押さえ→右ヒザ蹴り
  • 左ローに対し ヒザブロック→右手で相手の手、左手で頭を押さえ→左ヒザ蹴り

       慣れてきたら①、②のポジショニングを入れての技も練習します。

       受けを上段受けに替えての練習します。

    型は黄色帯までは ステップバックの型、緑帯以上はインファイトの型を練習します。

    組手形式での練習を入れますが、ゆっくりからはじめますので落ち着いて正しい動きを身につけてください。

    足、ヒザの使い方、ポジショニングなど、足を使っての練習を行います。左右に動くことが多くなるので、バランスを崩さないように頑張りましょう

    コメント