イジメに対する対応を変える時

イジメ対応

旭川の悲惨なイジメ事件とずさんな学校側の対応

旭川の悲惨なイジメ事件がネット上で話題になっている。

これほど悲惨な事件なのにマスコミが取り上げないことから加害者の親族が上級国民だという噂すら立っている。

鬼女の皆様はじめネット民の努力でイジメの全容も明らかになり始め、加害者の蛮行、学校側の対応のひどさ、教育委員会の無能さが明らかになりつつある。

「学校は責任を負えない」が招く悲惨な教師の未来

「加害者にも未来がある。学校は責任は負えない」旭川イジメ14歳凍死 中学校教頭が母親に告げた言葉

https://news.yahoo.co.jp/articles/083a7db2ea057863e3a38aa58dc2f3d0ba2119fe

あきれてものが言えないんだが、この教頭、いろいろと不味いことをやっているようなので関心のある方は調べてほしい。

この発言、憤慨した人は多いと思う。旭川市に抗議が殺到し、やっと事件の再調査が始まるようだ。

おそらく文科省に凸した人もいるだろう。文科省からは何も談話はない。

…が、ほっといていいのか?

学校がイジメについて責任を負わない宣言した。

それについて教育委員会も文科省も何も言わない。

つまり、その発言を認めたとみなす人も出る

このヤバさが分からないのか?放っておいて風化を待つ作戦か?

イジメではなく犯罪として対応する

学校が解決に取り組むというので、たとえ警察や弁護士に伝手があっても学校に任せていたのが今までだ。

だが、学校が責任を負わないといった以上、自分たちで子供を守るしかない。

学校という密室で行われているイジメと隠蔽を暴くためには専門家の協力がいる。つまり、

犯罪として対応するしかない。

  • 興信所  … 一切の隠蔽を許さない完璧な調査
  • 弁護士  … 法に則って犯罪を告発
  • 警察   … 強制捜査、逮捕、被害者保護
  • マスコミ … 情報拡散、民意の協力を得る 

特にマスコミは重要。民意を得るだけでなく、ネタ提供で調査費用などの援助も期待できるかも。

youtubeも同様に利用できるだろう。

イジメ初期は興信所に頼らなくてもボイスレコーダーや隠しカメラで対応できる。

弁護士は無料相談や30分有料の相談も活用できる。

被害者保護は警察がかなり有能。学校ではできないこともやってのける。

信義を踏みにじった結果が招く未来

一般市民でも学校を追い詰める手段は今の時代いくらでもある。

それをしなかったのは学校と保護者との間の信義とでもいうもの故だ。

旭川の教頭はそれを踏みにじった。

自分も今後イジメの相談があったら学校に頼らない解決法を保護者に勧めることになるだろう。

訴訟多発となり、その防止のため文科省や教委などは

現場の教員をがんじがらめにするだろう。(簡単に言うと責任の丸投げ)

さらにブラック職場が加速する。文科省には早めの対応をお願いしたいものだが。

いっそのこと専門家に丸投げしたら?

いっそのこと専門家を学校に常駐させたらどうだろう。

アメリカなどスクールポリス、カウンセラー常駐だったはず。

問題児は即スクールポリスが拘束、カウンセラー行きだそうだ。

予算の問題以上に教師の変なプライドがアメリカ風のやり方を拒否している気がする。

だが、実際に対応する力がないのだから、もう諦めたら?

かなりいい方向に向かうと思うよ。

コメント